本当にあった怖い話その7

NISSHINさんからの投稿

私が警備会社に働いていた時の話です。

夜中、とある施設の警備をしていました。

夜中に見回りをしていて、廊下を歩いていました。

すると、歩く音が聞こえるんです。

不審者かと思い、すぐに音がする方へ向かいました。

しかし、見当たりません。

おかしいなと思いながらも見回りをしていました。

すると今度は

誰かの叫び声が聞こえました。

私は怖くなりましたが

もし、何かトラブルがあったら困るので

とりあえず声がする方向へ行きました。

それはシャワー室でした。

シャワーカーテンを開けます。

すると上半身のないロングスカートを履いた女がいました。

私は怖くなり、すぐに逃げました。

警備員が泊まる部屋に戻り

ずっと毛布にくるまっていました。

すると、廊下を歩く音が聞こえました。

コト、コト、コト、コト

こっちに来ないで

こっちに来ないで

こっちに来ないで

必死に祈りました。

すると音は消えました。

私は一安心して、布団で仰向けになりました。

すると

天井に女の顔がこっちを見て笑っていました。

そこから記憶はなく、気づいたら朝でした。

あれは一体何だったのでしょう?

イッシー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です